Return to site

樫谷棚田お手伝い隊活動記録 

(2016年6月1日)

代掻き(しろかき)と草刈り

6月4日に開催する’田植え祭り’に向け、最後の追い込みです。

今日は’代掻き’(しろかき)と草刈りなどを行いました。

代掻きとは、簡単に言うと田植えがやりやすくすなるように、土を砕き田んぼを

平らにならす作業です。

(凸凹した田んぼでは機械で田植えをすると苗の深さが不揃いになってしまいます)

トラクターで代掻きをしているのは樫谷棚田保存会会長の城本氏。

代掻き作業20160601①
代掻き作業20160601②

田んぼに草が浮いているのは樫谷棚田お手伝い隊のメンバーが草刈り後の

刈り草を入れたからです。

この狩り草が田んぼの微生物の餌となり、田んぼ自体を肥やしてくれます。

地主さん曰く、

「草を食べないような田んぼではおいしいお米は出来ん!」

との事です。

樫谷棚田お手伝い活動20160601①

端っこに集まってしまっている刈り草を熊手を使って散らばせています。

樫谷棚田お手伝い活動20160601②

トラクターで代掻きをした後は、トンボを使い人力で最後の仕上げをしました。

その後、田植え前の除草剤を撒き、肥料を散布し作業終了です。

作業の見切りが付いたところで私は上の棚田の草刈りの続きへ。

写真はそこから見た棚田お手伝い隊の田んぼ6枚です。

樫谷棚田20160601①

もう少しアップしてみましょう!

樫谷棚田20160601②

土曜日の予報が怪しくなってきました。

イベントの開催中は雨が降らないでほしいなぁ・・・

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly